Main Menu

免責事項
当サイトに書かれている内容により、万が一損害を被っても一切の補償は致しかねます。

HOME > ごぼう茶を食後に飲んで糖化を防ぐ

ごぼう茶を食後に飲んで糖化を防ぐ

ごぼう茶を飲むと20歳若くなると言いますが、そんなに若返ることが出来るなら是非飲んでみたいですよね。
そもそも何故私たちは老けてしまうのでしょうか。

老化の原因を知り、ごぼう茶の特性、効能を理解すれば、自ずとごぼう茶の若返りの秘密が見えてきそうです。
まず老化というと酸化をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

確かに酸化は体を錆びさせるものです。
しかし老化の原因は酸化だけではなく、糖化も存在します。

糖化を発見した人はメイラードと呼ばれるフランスの科学者で、その人の名をとって、糖化をメイラード反応と言ったりします。
糖化とはその字の通り、糖質がたんぱく質や脂質と結びつくことで起きる現象で、AGEと呼ばれる物質を生成させ、体の細胞をどんどんと劣化させていきます。

つまり体内のたんぱく質がどんどん劣化変性していくわけで、たんぱく質は本来の機能を果たせなくなります。
糖化はたんぱく質の一種であるコラーゲンも破壊してしまいますから、お肌は弾力を失い、保水力も低下し、シミやくすみの原因にもなります。

糖化を全て防ぐことは不可能ですが、なるべく糖化が起きないようにして、そのリスクを下げることは可能です。
糖化を防ぐ方法は意外と簡単で、食事の際はゆっくり良く噛んで食べることです。

また炭水化物や糖質を多く取りすぎないことは言うまでもないでしょう。
炭水化物ダイエットは炭水化物の摂取量を減らすダイエット法です。

そして食後にごぼう茶を飲むことです。
糖化は実は食後30分から1時間の間に起きると言われています。

これは食後に血糖値が上がるためですが、ごぼう茶を飲めば血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。
これはサポニンやイヌリンが糖質を吸収してくれるためで、糖化も起きにくくなるわけです。

年を取るとどんどん代謝も落ちてきますから、AGEを排出することが出来ず、体内に蓄積されていきます。
できるだけ糖化が起きるのを防ぐことで、AGEの産出量を減らすことが出来れば、代謝機能が落ちてもAGEの蓄積を防ぐことが出来るでしょう。


ごぼう茶ランキング

無農薬のごぼう茶

本物のごぼう茶を試したいという方におすすめです。
素材作りからこだわった安心、安全のごぼう茶です。

ごぼうを安全に摂取するために灰汁抜きをしなければいけません。
しかしごぼうの皮に豊富な栄養が含まれているのもまた事実です。

安全にごぼうの成分を摂取したいなら、プロの栽培、加工したごぼう茶が最適です。

>>有機高原のごぼう茶はこちら