Main Menu

免責事項
当サイトに書かれている内容により、万が一損害を被っても一切の補償は致しかねます。

HOME > PMSの症状を軽減するごぼう茶

PMSの症状を軽減するごぼう茶

PMSと聞いても男性はピンと来ないかもしれませんね。
PMSは女性特有の症状で、和訳すると月経前症候群と言います。

生理前になると女性がイライラしたり、情緒不安定になる人がいますよね。
女性全員がPMSになるわけではありませんが、女性の多くは生理前2週間頃は心身ともに不快な症状を感じるようになります。

人によって症状はさまざまで、お腹が痛くなったり、頭が痛くなったりする人もいますし、急にお腹が空いてドカ食いしてしまう人もいます。
また急な眠気に襲われて仕事どころではないという人もいます。

男性には分からないと思いますが、女性は色々と大変なのです。
もちろん男性が大変ではないと言っているわけではありませんよ。

ちなみに生理後に訪れる生理痛とは違い、基本的に生理が始まるとPMSの症状は治まるようです。
いずれにせよPMSの原因は詳しくは分かってはいませんが、ざっくりいうとホルモンバランスが崩れていることが原因であるようです。

そんなPMSがひどい女性におすすめしたいのがごぼう茶というお茶です。
女性は排卵後、生理前になると黄体期に差し掛かると、プロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになります。

この時期はエストロゲンの分泌も減少し、急激に分泌される女性ホルモンが変動するのです。
そんなホルモンバランスの変化に体が付いていけず、PMSの症状が訪れるのでしょう。

ごぼう茶は自律神経のバランスを整えるので、精神的にも安定します。
普段からコーヒーを良く飲む人も、生理前から生理中はカフェインの摂取量を調整した方が良いかもしれません。

カフェインは自律神経を不安定な状態にしますから、PMSの症状を悪化させることがあります。
ですから、少なくとも生理が終わるまではカフェイン摂取を控えた方が良いでしょう。

ごぼう茶はカフェインレスですので、生理前から飲むことが出来ますし、デカフェのためにごぼう茶を始めてみませんか。
ごぼう茶のアルギニンはホルモン分泌の司令塔と呼ばれる下垂体の機能を高めます。

ですからごぼう茶を飲むとホルモンバランスを整えられ、PMSにも一定の効果を実感している人がいます。
またPMSの症状がひどい人はカルシウムやマグネシウムが欠乏状態にある人が多いのです。

ですからPMSの症状を軽くするためにカルシウムも摂取した方が良いのですが、ごぼうにはカルシウムもマグネシウムも含まれています。
ちなみに赤土で栽培されたごぼうを使ったごぼう茶はカルシウムが多いそうです。

というのも赤土には炭酸カルシウムがたくさん溶け込んでいるので、そんな土の栄養分をたっぷり吸ったごぼうはカルシウムが豊富なのです。
せっかくなら赤土で育ったごぼうを使ったごぼう茶を飲んでみたいですよね。

PMSに悩んでいる人はごぼう茶を是非飲んでみてください。


ごぼう茶ランキング

無農薬のごぼう茶

本物のごぼう茶を試したいという方におすすめです。
素材作りからこだわった安心、安全のごぼう茶です。

ごぼうを安全に摂取するために灰汁抜きをしなければいけません。
しかしごぼうの皮に豊富な栄養が含まれているのもまた事実です。

安全にごぼうの成分を摂取したいなら、プロの栽培、加工したごぼう茶が最適です。

>>有機高原のごぼう茶はこちら