Main Menu

免責事項
当サイトに書かれている内容により、万が一損害を被っても一切の補償は致しかねます。

HOME > ごぼう茶で見た目年齢を下げる

ごぼう茶で見た目年齢を下げる

人はそれぞれ実際の年齢よりも若く見える人もいれば、老けて見える人もいます。童顔や老け顔など、顔の作り自体が見た目の年齢を変えることはありますが、見た目年齢を変えるのはそれだけではありません。
見た目年齢を決めるもう一つの理由、それが肌の老化です。

お肌の老化とは例えば、シミやシワ、くすみ、たるみが代表的ですね。
シミやシワ、くすみやたるみはそれぞれが見た目年齢を上げるものですが、組み合わされることでさらに老けて見えるようになります。

このようなお肌の老化を引き起こすのは活性酸素です。
紫外線を浴びるとシミやシワが出来るのは、紫外線が当たることで活性酸素が発生するからです。

活性酸素が発生するのはある程度仕方がありませんが、大切なことは活性酸素を取り除くことです。
何故か、活性酸素はお肌のコラーゲンやエラスチンを変性させ、減少させるからです。

コラーゲンはお肌を構成する成分の一つで、真皮と言われるいわばお肌の土台に多く存在しています。
そしてそのコラーゲンを支えているのがエラスチンです。

このお肌の土台ともいえるコラーゲンとエラスチンが無くなるということは、建物が基礎を失うと考えると分かりやすいのですが、非常に恐ろしいことです。
コラーゲンの効果についてはこちらに詳しく書かれています。

では活性酸素を取り除くにはどうすれば良いか、それは抗酸化成分を含む食べ物や飲み物をたくさん食べたり、飲んだりすることです。
抗酸化成分を含む食べ物は大きく分けると、カルテノイドとポリフェノールに分けられます。

これらはファイトケミカルと呼ばれ、現在アンチエイジング作用があると注目されている成分です。
どちらを摂取しても良いのですが、例えば赤ワインに含まれるアントシアニンやタンニン、緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種です。

それから玉ねぎに含まれるケルセチンや大豆のイソフラボンもポリフェノールと言って良いでしょう。
なお赤玉ねぎは普通の玉ねぎには無い、アントシアニンを含んでいます。

ですから赤玉ねぎは栄養価が高いと言われているのです。
あるヨーロッパの調査では、ポリフェノールをたくさん摂取した人は、そうでない人よりも一般的に寿命が長いと言われています。

そしてごぼうにもポリフェノールは含まれているのですが、ファイトケミカルの優れた点は加熱しても成分が消えないことです。
ですから炒めても良し、煮ても良し、お茶にしても良いということになります。

どんな方法でも良いのですが、もちろんごぼう茶でもOKです。
ごぼう茶にも抗酸化作用がありますから、毎日飲んでいれば見た目年齢を下げることは不可能ではなさそうですね。


ごぼう茶ランキング

無農薬のごぼう茶

本物のごぼう茶を試したいという方におすすめです。
素材作りからこだわった安心、安全のごぼう茶です。

ごぼうを安全に摂取するために灰汁抜きをしなければいけません。
しかしごぼうの皮に豊富な栄養が含まれているのもまた事実です。

安全にごぼうの成分を摂取したいなら、プロの栽培、加工したごぼう茶が最適です。

>>有機高原のごぼう茶はこちら