Main Menu

免責事項
当サイトに書かれている内容により、万が一損害を被っても一切の補償は致しかねます。

HOME > 気になる副作用

気になる副作用

ゴボウを食用にしているのは日本と韓国だけというのはご存じでしたでしょうか。
もちろん諸外国でも薬草やハーブとしては用いられているようです。

ごぼうは解毒作用や浄血作用があり、血流を改善させてニキビや吹き出物、蕁麻疹などの皮膚トラブル、便秘や高血圧の改善、さらには免疫力活性化や癌予防にも使われます。
ごぼうの持つ力は諸外国でも認められているようです。

さて効能の高いごぼうを使ったごぼう茶ですが、気になる副作用はあるのでしょうか。
基本的には副作用はないと考えてよさそうですが、副作用が出たという報告もされています。

特にキク科の植物にアレルギーのある方は注意した方がよいでしょう。
めまいや胃痛などの症状もあるようです。

さらに諸外国ではハーブとしてごぼうを使用した場合の副作用の報告がされていますが、日本や韓国などのように食用として用いることは想定されていません。
しかしごぼうによる影響なのか、それとも栽培、加工の際に農薬などの汚染物質が混入されている可能性も否定できません。

ごぼう茶は健康効果の高いものですが、まずは少量から始め、用法用量を守ると心配はありません。
栽培方法や加工方法に信頼のできる商品を選ぶようにした方がよいでしょう。


ごぼう茶ランキング

無農薬のごぼう茶

本物のごぼう茶を試したいという方におすすめです。
素材作りからこだわった安心、安全のごぼう茶です。

ごぼうを安全に摂取するために灰汁抜きをしなければいけません。
しかしごぼうの皮に豊富な栄養が含まれているのもまた事実です。

安全にごぼうの成分を摂取したいなら、プロの栽培、加工したごぼう茶が最適です。

>>有機高原のごぼう茶はこちら