Main Menu

免責事項
当サイトに書かれている内容により、万が一損害を被っても一切の補償は致しかねます。

HOME > ごぼう茶を飲んで脱カフェイン

ごぼう茶を飲んで脱カフェイン

コーヒーを飲むことが当たり前になって、毎日カフェインを摂取している人も少なくありません。
カフェインはメリットもあればデメリットもあります。

ですからカフェインを断ちたいと考えているのなら、ごぼう茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
カフェインの作用といえば、覚醒作用や利尿作用、脂肪分解作用や集中力の向上なんかがありますね。

また脳だけでなく筋肉を活性化させることから、筋肉疲労を解消してくれます。
アドレナリンが分泌されて頭の回転が速くなったり、運動能力も向上すると言われています。

他にも血流が良くなって脳卒中のリスクを減らしたり、乳がんや肝臓癌などに癌発症率を下げるとも言われています。
こんなに良いことづくしのカフェインですが、もちろんデメリットもあります。

一般的に一日300mg程度であれば、毎日摂取しても問題はないと言われています。
しかし個人差がありますし、大量に摂取することで急性中毒症を起こす人もいるようです。

カフェインに利尿作用があると言っても、カフェインは基本的に体内で分解されにくく、一日で分解できる量に制限があります。
ですから過剰に摂取すればその分体内にカフェインが残ってしまいますし、利尿作用によって脱水症状になることもあるでしょう。

他にも覚醒作用によって心臓の鼓動が早くなったり、睡眠障害に陥ることもあります。
また胃腸に炎症を起こすことがあり、長期的に見ると胃腸が弱ることもありますから、胃腸が弱い人は注意しなければなりませんね。

このようにカフェインには良い面と悪い面があります。
飲み続けても問題ないという人もいますが、そうでなければ脱カフェインを考えてみても良いかもしれません。

特に妊娠中の方などはカフェインの摂取は控えた方が良いでしょう。
胎児はカフェインを代謝する機能を持っていませんし、脳に蓄積して障害を負ったり、流産のリスクも高めます。

その点ごぼう茶はノンカフェインですし、妊娠中の方でも飲めると言われています。
眠気覚ましにはなりませんが、利尿作用はあるようですし、サポニンは脂肪燃焼をサポートする働きもあります。

嗜好品ではありませんから何か物足りないと思うかもしれませんが、健康のためには致し方ありませんね。


ごぼう茶ランキング

無農薬のごぼう茶

本物のごぼう茶を試したいという方におすすめです。
素材作りからこだわった安心、安全のごぼう茶です。

ごぼうを安全に摂取するために灰汁抜きをしなければいけません。
しかしごぼうの皮に豊富な栄養が含まれているのもまた事実です。

安全にごぼうの成分を摂取したいなら、プロの栽培、加工したごぼう茶が最適です。

>>有機高原のごぼう茶はこちら